2021年6月 石川県 山代温泉 瑠璃光

2021年6月 石川県 山代温泉 瑠璃光

地元石川県出身のふたり。能登町と加賀市と200kmほど離れた場所出身のお二人。打ち合わせは加賀市で。新郎さんの姉が温泉でのウエディングをしたのを見て「自分も温泉で」と決めていた。とのこと。

姉の結婚式の温泉ウエディングは親戚やゲストに大好評。お二人は温泉で結婚式をと思い、直接旅館へ連絡をしたのだが、「当館にはウエディングの専門スタッフがいません」と言われ紹介されたのが「温泉ウエディング」でした。お二人は神社ではなく人前式を選択。すべて温泉旅館で完結できました。

当日の流れ

11:00

新婦ヘアメイクスタート

花嫁衣装での移動距離も考慮され、着付け場所は新郎家近くのアトリエにて。

新郎家へご挨拶

加賀地方に昔から伝わる婚礼儀礼「敷居またぎ」
挙式の前に新郎家ご先祖様にもご挨拶

13:30
15:00

受付&チェックイン

受付を済ませてお荷物は宿泊部屋へ。

人前挙式

館内のコンベンションホールで人前挙式。車椅子のおじいちゃんにも移動の負担が少なく参列いただけました。

16:00
17:00〜20:00

披露宴

妊娠中の花嫁でも負担の少ないような着付けやサポート。それぞれのプロをキャスティングすることも温泉ウエディングの強みです。

ドレス撮影

披露宴中のお色直しで着たドレスを館内でも撮影。宿泊利用だから披露宴後にもゆっくり撮影できました。

20:30
翌朝8:00〜

朝食〜チェックアウト

披露宴会場で翌朝もゲストと共に朝食。ゲストを見送った後は温泉街をゆっくり散策して、もう一泊温泉旅館を堪能。

温泉ウエディングからのコメント

加賀地方の伝統の婚礼儀礼「敷居またぎ」を実施

新郎家より大事な花嫁様をお迎えするため、会場へ出向く前にご実家へお迎えし先祖へのご挨拶を済ませて挙式へとの意向でした。

新郎宅での仏壇参り

これは加賀地方に昔から続く婚礼儀礼のひとつ「敷居またぎ」です。

花嫁が「本日お嫁に参ります。よろしくお願いします」とご挨拶に新郎家の敷居を嫁として越える場と言われ、両家の朝一番で汲んだお水を一つの盃の中で両家が交わることが「お水合わせ」と伝わっています。

花嫁が素焼きのカワラケ(盃)を持ち、両家の朝一番で汲んだお水が注がれます。両家のお水が混ざり合わさることで、両家の繋がりを意味し、花嫁が飲み干した後カワラケを割ってしまいます。両家を離すことのないように、他の水が混ざり合わさらないように、という花嫁の覚悟だと言われています。
そうして初めて新郎家へ招き入れられると、仏間でご先祖さまへご挨拶。こうしてようやく挙式会場へと向かわれました。

こうした昔から続く婚礼儀礼や両家の意向にも柔軟に対応できることが、プロを雇うということ。花嫁を迎え入れるご家族にとっても、安心して当日を迎えられたと言います。

会場を先に決めてから気づいた、ゲストへの配慮

新郎家やゲストの半数が加賀市内ということもあり、旅館選びをした二人だったが新婦家のゲストは200kmほど離れた場所。能登町より旅館まで、車で約2時間30分。もちろん着物を着て移動は難しいため旅館での着付けが必要となった。ゲストの当日の移動手段や移動車両、着付け場所などの手配は出欠がある程度決まってから気づくことも多いのです。

一般的な結婚式場などには、着付け室や美容室などが併設してるが、温泉旅館では特別に手配が必要な場合も多く
今回も、ご親族の大半が会場での着付けを希望されプランナー手配により会場での着付けが可能となった。そこでも更に驚いたのは、担当プランナーが各自前の着物や帯、着付け小物などを事前にチェックしていることだった。レンタル着物ではチェックは不要だが、地方ではご実家に着物を持っているお家が多いため、自前の着物の場合は事前確認が必要だという。

そこでも更に驚いたのは、プランナーが各自前の着物や帯、着付け小物などを事前にチェックしていることだった。レンタル着物ではチェックは不要だが、地方ではご実家に着物を持っているお家が多いため、自前の着物の場合は事前確認が必要だという。
通常であれば美容室や着付け室には、不足分があった場合に販売用の小物など用意しているところもあるというが、今回は着付け師が出張で旅館での着付けということもあり、事前のチェックは必須だったという。こうした小さな事前準備の積み重ねが当日のトラブル回避となっているのだ。

詳細データ

場所:山代温泉(石川県)
会場:瑠璃光
開催日:2021年6月
挙式:人前式(館内特設)
披露宴:大宴会場「平安」
参列者:55名/家族・親族・勤務先(ほぼ県内から)

予算:ゲスト一人あたり4〜5万円 ※衣装やプランニング料などすべてを足して人数で割った金額

REPORT

実例レポート

2021年11月 新潟県月岡温泉 湯あそびの宿曙

2021年11月 新潟県月岡温泉 湯あそびの宿曙

新潟県内三条市と上越市にそれぞれお住まいのおふたりが結婚式の開催地に選ばれたのは月岡温泉。私達との出会いは、温泉ウエディングサイトからいただいたお問い合わせでした。結婚式を挙げる目的は「ご両親へ感謝の気持ちをお伝えするこ…

2014年12月 石川県山中温泉 胡蝶(貸切)

2014年12月 石川県山中温泉 胡蝶(貸切)

東京都内在住の二人。新郎は都内出身・新婦は石川県出身で新婦の実家のある加賀市での結婚式を選んだ理由は新婦祖母の「家からお嫁に出してあげたい」と耳にしことから、加賀の婚礼文化やしきたりに興味を覚えひとつひとつ丁寧に行うこと…

2021年11月 鹿児島県 妙見温泉 石原荘

2021年11月 鹿児島県 妙見温泉 石原荘

鹿児島県の妙見温泉石原荘での結婚式は都内在住のおふたりの結婚式。都内在住なのに鹿児島県で結婚式を行った理由は 1.花嫁さんの実家が鹿児島県2.高齢の祖父がいるのであまり遠出させたくない3.新郎の父の出身が熊本県4.霧島神…

2020年11月 静岡県伊豆長岡温泉 三養荘

2020年11月 静岡県伊豆長岡温泉 三養荘

都内から電車で1時間半。自然あふれる静岡県伊豆長岡温泉「三養荘」(さんようそう)。この三養荘は幕末から活躍した岩崎弥太郎の長男、岩崎 久彌氏の別邸として建設された歴史のある建物。建築関係者が唸るようなポイントが数多く存在…

2019年4月 福井県 あわら温泉 つるや(貸切)

2019年4月 福井県 あわら温泉 つるや(貸切)

あわら温泉「つるや」で温泉ウエディングを行ったご夫婦。東京で出会った福井県民のご夫婦。すべての打ち合わせは東京で。でも現地にはしっかり親御さんと足を運んで会場は「つるや」に決定。ゲストは東京、福井を中心に全国からのご友人…

2021年6月 石川県 山代温泉 瑠璃光

2021年6月 石川県 山代温泉 瑠璃光

地元石川県出身のふたり。能登町と加賀市と200kmほど離れた場所出身のお二人。打ち合わせは加賀市で。新郎さんの姉が温泉でのウエディングをしたのを見て「自分も温泉で」と決めていた。とのこと。 姉の結婚式の温泉ウエディングは…

2020年12月 石川県 山代温泉 森の栖

2020年12月 石川県 山代温泉 森の栖

石川県出身の二人。地元山代温泉で町の電気屋さんを営む新郎家。もともと温泉が好きだった二人は、お仕事柄、温泉街でのつながりも多かったため、旅館でゲストにゆっくり過ごしてもらえる結婚式がしたい。との思いから直接地元の旅館へ問…